読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水ぼうそう事件

6/19

1か月検診も無事にクリアしたころ、私は乳児湿疹に悩んでいた。

清潔にしていれば治まるらしい、けどと思い、小児科へ。

やっぱり乳児湿疹だと診断され、よわーい塗り薬を貰う。

 

6/20

・・・なんか体中に広がっているような?

母乳によるアレルギーかしら。(好き勝手になんでも食べていた)

それともハウスダスト的なアレ?

今度は皮膚科に行ってみよう

 

6/21

結構待って皮膚科へ。優しそうなおじーちゃん先生だった。

一目見て「これは、水ぼうそうじゃないかな?」

確かに。ぽちっとしたサムシングがあるのは分かっていた。

「まさか生後1カ月ではならないでしょう」と打ち消していた(;´Д`)

慌てて小児科へ。(産婦人科と併設)

先生も看護師さんも事務員さんもビックリ。

血液検査の結果も水ぼうそう。塗り薬と飲み薬、発熱に備えて座薬も貰った。

 

薬局のおっさん「座薬のコツはね、思いっきりグッと入れる事」

 

雨のなか、病院をはしごして疲れきってしもた。

仕事切り上げた夫が帰ってきた時には心底ほっとした。

何かしてもらうってことじゃないけど、一人ぼっちだったら凹んでたかも。

----

何の疑いもなくお薬を飲んでくれて、発熱もなく1週間ほどでかさぶたになった。

でもそれまでは顔から全身にぽちぽちが出来て、とてもかわいそうだった。

どこでどう感染したか分からないけど、私自身も予防接種だけで罹患して無かったので、医者曰く「母乳からうまく免疫が伝わらなかったのかもね」。

娘から感染するんじゃないかと、冷や冷やしてた。

感染して寝込んだ場合、

夫は何日間休めるだろうか・・

Q決算終わるまではきついよな・・・

と考えてた。

ちなみに今はやりの風疹も、予防接種したのに抗体が無いことが妊婦健診で分かった。

健康体だと思ってたけど、分からんもんですな。

 

まぁこれで水ぼうそうの予防接種も必要無くなったし、結果オーライでしょう。

 

気付いたら乳児湿疹はきれいさっぱりに無くなってた。

案ずるな乳児湿疹。てことか。