読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2年ぶり2回目の出産してきました

下書きだけ残しつつ、更新ぱったり途絶えてました。
その間、2年ぶり2回目の妊婦やってました。
先日出産しましたので、そのレポートでも。

前回はこちら↓

------

今回の妊婦生活

2歳差・春産まれで考えていて、比較的計画通りに妊娠。
...したけど想定外だったのが、頼りの夫が更に激務になり、ほぼ1人で上の子を世話しながらの妊婦生活の大変さ。
つわりと肺炎が重なって1か月休んだり、時短勤務で休みも多いと仕事をうまく回せなくなり、ストレスから胃腸炎そして切迫流産も引き起こし、1か月早い産休入り。何度も退職が頭をよぎっては泣いてました。職場には本当に迷惑かけた。それでも「おめでたいことなんだから謝らないで」と言って下さる方が多く、この恵まれた環境に感謝しました。

1人目って、自分の事だけすればいいし、楽勝だったな。普通に残業もしてたし。

そんなこんなで、夫婦揃って目の前の生活に手一杯、お腹の子(2号)の事を考える暇も無かった9ヶ月間。
(戌の日詣りなんて、水天宮の近く通りかかった時に思い出して、車内から拝んだくらいだ)
2号は、産むよ!の段階で強烈なアタックをかまして来たのです...

前日に入院

今回は計画分娩を選びました。
上の子の保育園の都合や、夫の繁忙期を避けるためというのもあるけれど、予定日1か月前から2号の推定体重が3000g近くあり、早めに出した方が母体にいいとの勧めもあって、予定日より2週間弱早く分娩日を設定しました。実際、3日前の検診時は3794g。1号は3712gで産まれたから、かなりギリ。
ドキドキしながら前日15時に入院、剃毛やノンストレステスト(NST)を受け、一応シャワーもして就寝。

分娩当日

朝6時から1時間毎に飲み薬、9時から陣痛促進剤とバルーンで促して、子宮口全開(10cm)になったら産む!という流れ。
まだ1cmしか開いてないけど、まぁ経産婦だし〜とみんな余裕モード。
9時に夫が水やら持参で合流。前回アレコレやらかしてるので、今回は集中していきみ逃しする!と決意。過ちは繰り返さない!

あれれ、進まないね

昼過ぎになっても子宮口はなかなか開かない。陣痛のない間は冗談言ってスマホいじったり、徹子の部屋みたり、サンドイッチやおにぎり食べたり。少しでも進むように、歩いたり、椅子にゆられたり。
16時頃、5cmまで来たから人工破水。バルーン撤去。夫、相棒の再放送見てる。
17時頃、6.5cmくらい?この辺りから内診が苦痛に。「何もしてないよ?」困り顔の先生。陣痛も2分間隔で恥骨辺りに激痛が走る。とにかく痛すぎて泣く。
夫、腰をさすりながら「泣かないのー、声出さないのー、鼻から吸ってフーフーだよ」とりあえず頷くけど、痛くて泣く。
18時半、一旦促進剤を止めて、陣痛弱めて体力回復させることに。なんなら翌日に持ち越しする?という話も出始めた。

しかし!

止められない止まらない♪

一旦落ち着いたかに見えた促進剤での陣痛が、2分間隔の自力陣痛に変わり、激痛再び。
子宮口は6.5cmから進まず。内診が怖くなる。合間は冷静に痛みの説明ができるけど、波が来たら痛みで号泣、の繰り返し。
そうこうしてるうちに、1号の分娩時間を越える。(朝9時から促進剤、21時産まれ)
経産婦なのにおかしい。こんなに進まないなんて。痛む場所も変。
カルテ見て、しばし考え込む先生。

決断

22時。
「子宮口が5時間経っても6.5cmから開かない。異常な痛みは赤ちゃんがすごく大きくて恥骨とかに引っかかってるのかも。お母さんの体力も消耗してるし、赤ちゃんも頻脈になってきた。...切ってもいいかな?
自分の中でも半分くらいは予想してた。もう朝まで激痛に耐えて、分娩する体力気力がない。
もう、お願いします。
夫にも説明がされる。「大事な嫁に傷が残るなんてヤダなぁ」なんて言ってくれちゃってこのヤロウw

そして帝王切開

1時間後に手術と決まる。
次々と準備がされる。夕方帰って行った助産師さんや看護師さんも呼び戻されてスタンバイ。近くの産科医さんも助手として到着。
私も準備。フラフラで手術室へ移動、マッパになって手術台に乗る。
それでも絶え間なく起こる陣痛は、今思い出しても泣けてくる。 最後まで自力で出ようとしたんだね。でもカーチャンもう限界だ。もうすぐ会える。

最後の最後、手術同意書にサインするのが一番キツかった!ペン両手で握って書いたw

23時。背中に下半身麻酔が入り、ようやく陣痛を感じなくなる。
メスが入る。
先生がゆっさゆっさ揺らす。

「ふんぎゃぁ!」

あ、泣いた。出てきた。

先生「こ、これはでっかいぞ!」
3934g、52cmの男の子でした。
予定日までのんびり待ってたら、本当どうなっちゃってたんだろうか...
どんだけ私の身体はデカい子仕様になってるのか。

アフター

帝王切開は出した後が本番。体力ゼロ。傷口痛い。基本寝たきり。そして2人目の洗礼、後陣痛。伸びきった子宮が戻ろうとする力は、2回目以降は、より強く感じるらしい。何度痛み止めの注射をしたことか。
トイレに行くのに2日、息子を自力で立ち上がって抱けるまでに4日かかりました。
入院も伸びて10日間に。

医療保険、1号産む前に入ってて良かった!!!

入院前に叙々苑で特選カルビ食べててよかった!ロイホでパフェ食べててよかった!(術後の絶食2日間)

前日にシャワーしといて良かった!(抜糸する6日目まで禁止)

------
そんなこんなで、私と同じ誕生日の男の子が産まれました。誕生日が来るたびに、この日のことを思い出すだろうな。大事に育てていこう。そして夫みたいに、パートナーを大事に思える子に育って欲しい。

1号、今の所はお利口さんらしいけど、退院してからが勝負。
体力回復につとめて、残りの入院生活を満喫します!